勃起不全の医療用治療薬バイアグラ

バイアグラは男性が使用するED治療薬で1998年にアメリカで発売されてからは人気が広がり、日本では1999年に勃起不全の医療用治療薬として初めて認可されてからは日本で一番有名なED治療薬になりました。

バイアグラは内服薬で性交渉の1時間前に服用してゆっくりと作用し、持続時間は平均5時間から6時間効力を保つ事ができますが、食事の影響を受けやすい特徴があるため食後に服用すると効果が人によって半減したり、効果が出ない事もあるため空腹時に服用する事が大事です。

バイアグラを使用をしたい場合は病院で診察してから処方される事が望ましいですが、恥ずかしいという理由で個人輸入などで入手する方もおり、正しい説明を受けていないため重大な副作用を起こす場合もあるため使用の際は自分の体調を考えて使用する必要があります。

バイアグラは高血圧症の治療をしていない方、心疾患、重度の肝機能障害、低血圧などの疾患を持つ方が使用すると副作用を引き起こす可能性が高いため使用はできず、疾患がなくても血管拡張の作用がある硝酸薬を使用又は病院での注射などの処置をされた方の使用は特に危険で注意が必要です。

疾患が無くても体調により副作用を起こす事もあるため、異変を感じたら早急に医療機関の受診が望ましいです。