バイアグラとは

バイアグラは世界で初めて勃起不全・勃起障害(ED)の治療薬として認可された医薬品です。

青いコーティングの施された菱形の錠剤で、シルデナフィルのクエン酸塩を有効成分として血流を促進し陰茎の勃起を促進する作用があります。

有効成分のシルデナフィルはもともと狭心症の薬として研究されていましたが、陰茎の勃起に作用することがわかりED治療薬のバイアグラとして1998年にアメリカの製薬会社から発売されました。

世界初のED治療薬は「夢の薬」として世界を一変させ、日本でも瞬く間に噂が広まり「使用してみたい。

」と考える男性が続出しました。

日本未発売のころは多くの日本人が個人輸入でバイアグラを入手していましたが、医師の管理のないところで不適当な使用のため、健康被害や死亡事故が起きてしまいました。

この事態を受け、翌年の1999年に政府は異例の速さで日本でのバイアグラ製造を承認しました。

その後、新しいED治療薬も開発されていますが、バイアグラの人気は絶えることなく今も信用度の高い商品として使用されています。

国内で勃起不全・勃起障害に悩む男性は推計1,000万人を超えるとされており、若年層から高齢まで多くの男性が悩みを抱えています。

勃起不全・勃起障害の原因は加齢による身体的な要因や、現代病にもなっているストレスなどの心理的な要因、身体的と心身的な要因が合わさった場合などがあり、とても複雑です。

この多くの悩みを解消し、男性としての自信を取り戻してくれるのがバイアグラなのです。