気になるバイアグラ服用の際の副作用は?

バイアグラは、医師が処方するED治療薬ですので、副作用があります。

漢方などの精力剤との大きな違いは、副作用があるかないかです。

ペニスへの血流を増加させることで、勃起を促し、勃起を維持する効果があります。

勃起力を増大させる薬ですので、性欲がまったくないような場合には、効果が期待できません。

副作用というデメリットがありますので、デメリットを考慮してもメリットのほうが大きい場合に使用します。

必ず医師の指示に従って服用することが大切です。

副作用としては、頭痛、めまい、ほてり、鼻づまりなどがあります。

車の運転前には服用しないことが重要です。

漢方などの市販の精力剤は、健康食品ですので、副作用がありません。

また、バイアグラと併用することも問題ありませんので、市販の精力剤をまずは試してみることがおすすめです。

精力剤は栄養がたっぷり詰まっているので、勃起力アップの効果があるだけでなく、総合的に健康になれます。

バイアグラは性欲を増大させる薬ではありませんので、精神的な要因などで性欲がなくなっている場合には、服用しないほうがよいでしょう。

その場合には、精神科などで診断を受けてみましょう。

バイアグラを飲んでいる人は、必ず医師にその旨を伝えることが大切です。