厚生労働省の認可を受けているバイアグラ

勃起不全などの症状のことをEDと呼びますが、症状が重いときには市販されている増強剤などでは改善できないことが考えられます。

本格的に治療を行うためには、専門のクリニックを受診してバイアグラなどのED治療薬を処方してもらうことで、改善を目指せます。

バイアグラはアメリカのファイザー社が製造した医薬品で、日本国内では保険適用外となりますが、厚生労働省の認可を受けていますので、クリニックで処方してもらえます。

日本では25mgと50mgの2種類が認可を受けていますが、海外では100mgのものも販売されています。

バイアグラに配合されている成分はシルデナフィルで、勃起を抑制させる酵素であるPDE5の働きを阻害する作用のある成分となります。

PDE5の働きを弱めることで、陰茎の海綿体の血管を拡張させることができますので、勃起を促進させる作用があります。

クリニックで購入したときの価格の目安としては、25mgは1錠あたり1300円、50mgは1500円となります。

バイアグラは媚薬ではありませんので、服用するだけで勃起が促進されるわけではなく、服用した後に性的な刺激を受けて興奮状態になる必要があります。

ジェネリック医薬品としてファイザーもあり、先発医薬品の8割ほどの価格で購入することができます。