バイアグラが作用する理由・メカニズム

バイアグラは男性機能をサポートする為の治療薬です。

飲むだけで効き目が発揮されますので使用方法は簡単であり、数時間は効果が持続されます。

作用する理由としては、PDE5と呼ばれる物質を抑制するメカニズムがこの薬にはあるからです。

PDE5は男性機能を抑制してしまう働きがあり、勃起不全の主な原因になっています。

本来なら勃起をさせる為のcGMPという物質が活発に分泌されており、PDE5とバランス良く作用しています。

ところが生活習慣病や加齢、ストレスなどが原因でcGMPの分泌量が減ってしまいます。

しかしPDE5に関しては分泌され続けてしまう為、勃起をさせる力よりも勃起を鎮める作用の方が強く出てしまうのです。

これによって勃起不全になってしまうのですが、バイアグラを飲むことによってPDE5を阻害することが可能であり、それによって勃起をし易い状態に導くことができます。

ただし、バイアグラは勃起不全を根本的に治す為の治療薬ではありません。

あくまでも薬を飲んでいる時だけに作用する為、服用をしない時はまた勃起不全の症状が出てしまいます。

しかしながら心因性の勃起不全の場合、バイアグラで勃起をする自信を取り戻すことで改善することもあります。