世界初のED治療薬バイアグラ

バイアグラは世界で初めてのED治療薬で、食事と同時に服用することで薬の効き目に影響が出る特徴がありますが、現時点においても多くの利用者がいます。

バイアグラに使用されている主成分はクエン酸シルデナフィルで、もともとは狭心症の治療薬として研究されていたものとなります。

狭心症に対する効果はわずかなものですが、陰茎の勃起を促進させる作用について認められたために、ED治療薬として認可を受けています。

バイアグラは服用を開始してから1時間ほどで効果が現れはじめて、4~5時間ほど効果が持続します。

陰茎を強引に勃起させるわけではなく、服用してから性的刺激を受けることによって、陰茎が勃起することを補助する医薬品となります。

そのために服用した後であっても、性的興奮が無ければ勃起はしません。

バイアグラの有効成分は1時間ほどで効果が現れるために、食事の1時間ほど前に服用する必要があります。

バイアグラには催淫作用や依存症、性病の予防などの効果はありません。

日本の厚生労働省においても認可を受けているED治療薬の一種ですので、泌尿器科などを受診することで処方してもらうことが可能です。

処方の際には健康保険が適用されませんので、事前に価格について問い合わせてから受診することがおすすめです。